健康情報

第43回 冷え症のタイプ別改善方法

2022.01.25

[ PDF版はこちら ]

hiesyou_woman体の「冷え」 気になりませんか?
冷え症には大きく4つのタイプがあり、その原因や改善方法が異なります。
自分の冷えのタイプを知って、対処していきましょう!

 

冷えのタイプをチェック! 
当てはまる項目をチェックして、最も多く当てはまったものが、あなたの冷えのタイプです。

冷えチェック



タイプ別
改善ポイント

タイプAに一番チェックが多い人…末端冷えタイプ 
 →指先など末端部分に冷えを感じる。
  20~30代の女性に多く、体温は高めなので冷えの症状の中では最も軽度。

 <改善ポイント>
   ・ウォーキングや筋トレを行うofuro_atatamarusport_walking_woman
   ・湯船につかる。足浴や手浴もおすすめ
   ・夜更かしをしないようにする
   ・スマホで目を酷使しないように注意する
   ・プルーン,ナツメ,クコの実などのドライフルーツ、
    黒豆,黒ゴマ,ひじきなどの黒い食材がおすすめ

タイプBに一番チェックが多い人…下半身冷えタイプ 
 →下半身が冷えているのに上半身がほてる「冷え・のぼせ」の状態。
  30代半ば~更年期の女性に多く見られる。原因は主に下半身の筋肉量不足。

 <改善ポイント>
   ・気を静めるために深呼吸ashiyuundou_isu_suwaritachi_squat
   ・足浴,下半身浴で下半身を温める。岩盤浴もおすすめ
   ・スクワットなどで下半身の筋肉を強化する
   ・長時間、同じ姿勢を続けない
   ・冷飲,冷食、甘いもの、高脂肪のものを控える
   ・青魚,野菜,酢などがおすすめ

タイプCに一番チェックが多い人…内臓冷えタイプ 
 →冷えの自覚症状がないのに、お腹を触ると驚くほど冷たい。
  内臓に血液が十分に届かず、機能が低下し胃腸のトラブルが多い。

<改善ポイント>food_creamstewwinter_haru_kairo
   ・腹部やみぞおちを腹巻やカイロで温める
   ・食生活の見直しが急務 … 温かい食べ物を摂る、冷飲,冷食を避ける
   ・腹筋を鍛えることも大切

タイプDに一番チェックが多い人…全身冷えタイプ 
 →手足も内臓も冷え切っている、最も深刻な冷え症状。通年寒さを感じ、平熱も35度台の低体温。

<改善ポイント>
   ・睡眠を十分にとり、休息するsuimin_woman
   ・ウォーキングなど、軽めの有酸素運動を行う
   ・冷飲,冷食を避け、温かく消化の良い食べ物を腹八分目で食べる
   ・雑穀,イモ,キノコ,たんぱく質(魚や肉)を忘れずに食べるvegetable_shinsyouga
   ・ショウガ,ネギなどの体を温める性質のある食品を積極的に食べる
   ・年中、腹巻をする


自分のタイプを知り、改善ポイントをおさえて、万年冷え症から脱却しましょう!

 

※引用・参考:WOMAN SMART ヘルス(https://style.nikkei.com/article/DGXMZO27816110X00C18A3000000/)
Bodies コラム(https://www.bodies.jp/column/column/17059/)

 

前の記事へ⑤ 次の記事へ⑤